パワーストーン 色

パワーストーンの色に秘められた力とは

 

私たちは日々、色に取り巻かれて生活しています。

 

服、食べ物、インテリア、建物にいたるまで、全てのものが何らかの色合いを持っております。

 

 

そして、私たちは知らず知らずに色を意識して生活しています。

 

最近よく着る服、何となく飾った写真などにも、あなたのその時の好みの色が反映されているはずです。

 

今まで緑色が好きだったのに、急に黄色のアイテムに興味を惹かれるようになったりなど、色の好みが変わる時もあるでしょう。

 

それは、あなた自身の人生のテーマが変わってきたというサインでもあります。

 

 

食べ物を摂って、肉体の栄養素を補うように、身につけるものや身近に置くもののパワーを通じて、私たちは精神に必要な要素を補っています。

 

 

例えば、愛を叶えたい!と思ったときは、ピンクやホワイト、パステルグリーンなどの色がお薦めです。

 

愛情を育むこれらの色は、あなあの愛を引き寄せる力を強めてくれます。

 

 

情熱や勇気などは、赤やオレンジが効果的です。

 

安定した愛情関係を築きたい時は、グリーンや茶褐色系が良いでしょう。

 

 

このように、色は全て固有の意味と作用を備えております。

 

パワーストーンを選ぶ際は、効果はもちろんですが、是非、色にも注目して選んでください。

 

 

白色

 

 

全ての色を平等に含んだ統合色。

 

純粋、無垢、清らかさを象徴する白色は、心のわだかまりを氷解させ、真実の愛に気づかせてくれます。

 

新しい愛を得たい時や、結婚を意識し始めたときには白色または無色透明の石を身につけると良いでしょう。

 

特に清廉潔白を表すクリアな結晶のクリスタル、ダイヤモンドは誠実で清らかな愛を育んでくれますよ。

 

 

また、白色光が暗がりの隅々にまで光を照らしてくれるように、白色にはあなたの魂を浄化し、意識を明晰にする作用があります。

 

過去の愛を精算し、新たな出会いで心機一転をはかりたいときは、アポフィライトがオススメですよ。

 

その他にも、白色は強い殺菌作用のある色なので、室内などの環境の浄化にも適しています。

 

誰かと衝突したときや、気持ちが落ち着かない時などは、クリスタル・クラスターを置いておくと良いでしょう。

 

 

赤色

 

生命力、活気、生きる意欲を象徴する赤色は、情熱と行動力を呼び覚まし、性的魅力をアップする作用があります。

 

告白する勇気が持てないときや、恋に怖気づいたときには赤色の石(特にカーネリアン)を身に付けると、弱さを克服する勇気をもらえます。

 

恋に勝利したいとき、性的エネルギーを高めたいときは、燃えるような深紅のルビーがお薦めです。

 

あなたの情熱に火を灯し、恋を勝ち取る力を与えてくれるでしょう。

 

 

また、赤色には、決意を促し、それを継続する意志を強化する力もあります。

 

遠距離恋愛など、半端な気持ちでは続けられないような愛を成就したい時は、ガーネットを持つようにしましょう。

 

ガーネットは、変わらぬ愛と熱意を喚起し、あなたが障害に屈することなく恋を揺るぎないものにするためのサポートをしてくれますよ。

 

 

ピンク色

 

無条件の愛、慈愛、寛容さを象徴するピンク色は、愛の強力な触媒として、持ち主を愛で満たし、人と愛を分かち合っていくように促してくれます。

 

色調を問わず、ピンク色の石には全般的に、恋愛の喜びを増幅させる効果があると言われております。

 

生まれたての恋には、透き通ったピンク色のローズクォーツがピッタリですよ。

 

そして、愛が深まるとともに徐々に濃いピンク色の石、例えばロードクロサイトやピンクトルマリンなどを身につけると、愛の進展がはかりやすいですよ。

 

愛情表現が苦手な方は、控えめな薄ピンク色のモルガナイトやピンクカルサイトを持つと、傷つくことを恐れず、素直に愛を伝えられるよう力づけてくれます。

 

 

また、過去の傷を癒したいとき、女性的な魅力を高めたいとき、若返りを願うときなどもピンク色の石は効果を発揮してくれます。

 

 

 

緑色

 

 

調和と再生を象徴する緑色は、自然界の緑と同じように、私たちの心身をリラックスさせ、情緒とバランスをはかってくれます。

 

愛情問題でトラブルが発生した場合は、緑色の石を持つと平和的な解決へと導いてくれますよ。

 

恋の行く末を案じて不安な時は、エメラルドが効果的です。

 

過去の愛を引きずっているときは、深い緑色のダイオプテースが、絶望を癒し、再出発をはかるように導いてくれますよ。

 

恋が成就した途端、次は、関係が壊れるのではないかなど、気持ちが揺れ動いてしまって安定しない方は、ジェイドを持つといいでしょう。

 

揺れ動く感情の波に飲み込まれずに、愛を定着させるようにしてくれます。

 

 

 

 

オレンジ色

 

豊穣を象徴するオレンジ色は、甘い果実のような滋養を含んでいます。

 

現実性、温和さ、起動力を喚起し、持ち主の人生に豊かな彩を与えてくれます。

 

オレンジ色は、想像力を高め、好奇心を刺激するので、新たな恋を呼び込みたいときに身近に置いておくと、これまでとは一味違った出会いを引き寄せることができます。

 

特にオレンジアベンチュリンは、鮮やかな色合いが果実を思わせることから、新しい恋を実らせる恋愛成就のお守りとしてオススメです。

 

 

また、オレンジ色にはホルモンバランスを整える作用もあるので、生理不順に悩んでいる方や、婦人科系の疾病がある方にもお薦めです。

 

新しいことに挑戦するような変化の時期には、是非オレンジ色のパワーストーンをで最初の一歩を踏み出す勇気をもらいましょう。

 

 

 

青色、藍色

 

精神の自由を象徴する色が、青色や藍色です。

 

緊張感や不安感を和らげ、束縛から解放してくれる働きがあります。

 

失恋の痛手が新たな恋の障壁となっている場合は、アズライトやカイヤナイトを身につけるのが良いでしょう。

 

持ち主を過去の呪縛から解き放ち、過去から学んだことからステップして次のステージに立てるようにしてくれます。

 

更に、青色や藍色には正義と知性の意味もあり、先見の目をもたらすとも言われております。

 

中でも持ち主が迷うことなく正しい道を歩むように導いてくれる。ラピスラズリ、サファイアは、悪縁を切り、真実の恋を引き寄せる効果があるとされております。

 

 

 

水色

 

川のせせらぎのような水色は、穏やかに心に浸透していきます。

 

その為この色は、持ち主に静けさと冷静さをもたらしてくれると言われております。

 

人間関係を向上させ、会話力を高めてくれる効果があると言われているので、人間関係がうまくいかなくて悩んでいる方は、ブルーレースアゲートかアクアマリンを持つと良いでしょう。

 

恋人や友人と喧嘩したあと、速やかに仲直りしたい時はラリマーを身につけると流れる水のように、わだかまりを洗い流して再び信頼関係を築けるように導いてくれますよ。

 

 

 

紫色

 

紫色は高度な精神性を象徴している色で、直感力を高めてくれると言われております。

 

古代から宗教的な儀式で利用されてきたのも、そういった理由のためかもしれません。

 

力と愛の共存を可能にする紫色は、ハイレベルで困難な愛の成就を祈願するときに身につけると良いでしょう。

 

ときに厳しく強い精神力を必要とする愛の道をしっかりと支えてくれます。

 

 

愛の障害に負けそうになった時は、スギライトやアメジストを身につけることをお薦めします。

 

保護と美徳を与えてくれる紫色の天然石は、持ち主の潜在的な能力を引き出して強化し、愛を叶えるように導いてくれます。

 

恋で迷いが生じたときは、濃い紫色の石を持つと、物事の真実の姿を見通すように働きかけてくれますよ。

 

 

 

黄色

 

温かさと豊かさを象徴する黄色は、心に明るさをもたらし、知性を高める作用があると言われております。

 

恋が暗礁に乗り上げたときや否定的な考えに苛まれたときには、プレナイトを持つと良いでしょう。

 

人との結びつきを強めるこの石は、持ち主のマイナスイメージを振り払い、生来の輝きを取り戻すように促してくれます。

 

独創性を育み、個性を養う、美を洗練させたいときや、新鮮な出会いを求めているときなどには、インペリアルトパーズがオススメです。

 

 

黄色は、様々な色の中でも最も鬱や癒しに適した色と言われております。

 

マイナス思考や後ろ向きの考えにとらわれたときは、黄色いグッズや石を身近に置いておけば、元気を取り戻すことができますよ。

 

コミュニケーションを円滑にしたいときも黄色みの強い石を持つと、周囲を飽きさせない魅力を引き出すことができるでしょう。

 

 

 

茶色、褐色

 

茶色や褐色は、まさに、大地そのものの色で、作物を育てる肥沃な大地のように物事を育む力を備えています。

 

どうしようもない不安にかられたときにも、茶色、褐色系の色は、大地のように揺るぎない気持ちを思い出させてくれます。

 

大切な人との関わりで問題を抱えたときや、絆が壊れそうな時には、アンバーを持つと良いでしょう。大地と樹木を宿したこの石は、あなたに安心感を与えて、大事な人との信頼関係を再生させ、愛を末永く維持してくようにサポートしてくれます。

 

 

可能性の塊である種子には茶色のものが多いように、この色には強い生命力と可能性を内に秘めています。

 

愛が芽吹いた時には、特に茶褐色系の色を持つことをお薦めします。

 

 

黒色

 

黒は各された叡智を象徴する色で、高次の哲学的思考と秩序はこの色に属しております。

 

陰と陽、光と影が表裏一体であるように、この色は暗闇の中に光を見出すことを可能にしてくれます。

 

夜明け前の暗闇とは、待機の時でもあるのです。

 

物事の否定的な側面にとらわれず、夢や希望を維持し続けることの重要性をこの色は示しております。

 

ただし、愛の出会いを求めているときは、黒ずくめのファッションは避けてください。黒は、温かい愛を避け、不毛な愛を引き寄せることがありますので。

 

 

困難に遭遇したときはオブシディアンを身につけるようにしてください。オブシディアンには悪影響を跳ね返す力があります。

 

また、愛情に自信が持てなくなったときは、ヘマタイトがオススメです。この石を切断すると、メタリックブラックの表面からは想像できないような、真紅の断面が現れます。

 

黒色は「無」を表していますが、無は常に新しい生命を誕生させる無限の可能性を秘めていることをヘマタイトは思い出させてくれますよ。

 

 

 

金色

 

金色は、成就、栄誉、成功を象徴する色です。

 

金が決して腐敗しないのと同じように、金色は絶対的勝利と完全性を表しています。

 

愛する人を失うなどの試練に遭遇した時に身につけると、自分自身を信頼して乗り越えられるようにサポートしてくれます。

 

仏像や聖人の頭上に輝く金色の光輪が、あらゆる苦難を克服した悟りの境地を表現しているように、金色は耐え難きを耐えうる力を与えてくれるでしょう。

 

 

金は成熟の色でもあるので、愛を祈願して身につけると、ためらいや不信感を拭い去り、豊かな愛をもたらしてくれますよ。

 

優れた癒しの力を発揮して、肉体的、精神的苦痛を取り除くパワーも秘めております。

 

 

銀色

 

銀色は神秘性と変化を象徴する色です。

 

鏡のように反射して光沢を放つこの色は、物事の様々な側面をつぶさに映し出します。

 

あなたが直面すべき物事に光を当て、課題をクリアしていくように援助してくれますよ。

 

変わりたいのに変われない、という様なジレンマに陥っている時に身につけると、全く新しい視点で物事を捉えられるようになり、前進することができます。

 

 

また、知性を洗練させる銀色は、理想を実現したいときに意識的に身につけると、あなたに必要な情報をもたらしてくれます。

 

銀の輝きはとらえどころがなく、常に変化して見えることから、この色は自由さと気ままさの象徴でもあります。

 

精神的な自由を得たいときなどに身につけるのもオススメですよ。

 

 

金色や銀色は、他の色と組み合わせて活用すると、一層効果を高めてくれますよ。

 

 

 

↑ ページの上部へ